• 帯状疱疹の治療と予防
  • ストレスをためない!

ストレスをためない!

誰もが日常生活の中で感じるストレス。それが積もり積もると、帯状疱疹という病気になってあらわれることがあります。帯状疱疹になりやすい年齢層と、その年齢層での帯状疱疹発病の原因の多くを占めるストレスとは何なのか、確認してみましょう。帯状疱疹を予防するためにも、日頃からストレス解消を心がけることが大切ですね。

帯状疱疹を発病しやすい年齢層

帯状疱疹を発病しやすい年齢層体力が落ち、免疫力が低下していると誰しも帯状疱疹にかかる可能性があります。けれど、とくに帯状疱疹を発病しやすい年齢もあることがわかっています。それは…20〜30代、そして50〜60代と言われています。

帯状疱疹の原因となっている水疱瘡のウイルス…。これは初めて感染した際に“免疫記憶細胞”というものが作られます。ところが、この免疫記憶細胞、20年くらい経つと数が減ってしまい、ウイルスの活動を抑えることができなくなります。

多くの人は小学生低学年ぐらいまでに水疱瘡にかかるので、20〜30代になって帯状疱疹を発病する確率が高くなってしまいます。ですが、20〜30代の人で小さな子供がいて、その子供が水疱瘡になったら、自分もウイルスに接触することになります。そうすると、また免疫記憶細胞の数が増えます。

せっかく増えても残念ながら20年経つと、またまた減ってしまうんです…。そうして、今度は50〜60代。この年代でも帯状疱疹にかかりやすくなってしまうというわけですね。

20〜30代がなる帯状疱疹の原因

免疫力が低下する原因としては、疲労やストレスがたまっているとき、抗がん剤やステロイド薬を使ったあと、手術後、何か重い病気にかかっている場合などが挙げられます。また、帯状疱疹の原因のほとんどはストレスからくるものだと聞いたことがあります。

なかでも若い世代では、過労やストレスが引き金になることが多いようですね。私の知人にも帯状疱疹になりやすい体質(?)の人がいるのですが、時々友人関係に悩み、それがストレスになることが多いのだと思います。そういう状態が何日か続くと、帯状疱疹を発病してしまいます。

本人は「体力が落ちてた」と体力のことばかり言いますが、精神的な面にも気を配るようにしなければいけませんよね。疲労もストレスも、自分では結構気づかないことが多いもの。もちろん50〜60代の人も、とくに意識してストレス解消に努めましょう。あなたはストレス、ためていませんか?

ストレスフリーで帯状疱疹を寄せ付けない!

ストレスフリーで帯状疱疹を寄せ付けない!現代社会の中で、避けては通れないものの一つに、ストレスがあるのではないでしょうか?私は大丈夫!と思っていても、ストレスは知らず知らずのうちにたまっているんですよ。

ストレスは精神に出る場合と体に出る場合があります。イライラしたり、何もやる気が起きなかったり、気持ちが沈んだり、胃や頭が痛くなったり…人によって、さまざまな症状が見られます。

ゆっくりお風呂に入る、ショッピング、森林浴、スポーツ観戦など何でもいいので、自分にあったストレス解消法を見つけましょう。できれば、解消法をいくつか持っていると便利ですね。そうすれば、ストレスで体調を崩しているときはこの方法、心が乱れているときはこの方法と使い分けることができます。

ちなみに私のストレス解消法は、家族とのおしゃべりと好きな音楽を聴くこと、パソコンゲーム、読書…それから寝ることです!結構たくさんありますよ〜。上手にストレスを解消して、帯状疱疹に負けないようにしましょう。

ストレスが解消されれば、体力面の疲労もすぐに解消されると思います。こうなれば心身ともに健康になって、帯状疱疹を寄せ付けなくなりますよ。

こんなストレス解消法はダメ!

下記のようなストレス解消法は、かえってストレスを強める原因になってしまう場合もあります…。性格などによって個人差があることを覚えておいてください。いくつかの例を挙げてみますね。ストレス解消法のダメな例

ページの先頭へ戻る