Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク

帯状疱疹の後遺症

帯状疱疹にかかった人の中でも、とくに高齢者に多いのが帯状疱疹後神経痛です。長年、痛みに苦しんでいる人もたくさんいることでしょう。帯状疱疹の後遺症と言われている帯状疱疹後神経痛とは、一体どんな症状なのでしょう。

帯状疱疹後神経痛とは?

帯状疱疹の皮膚症状が治ったあと、3ヶ月以上経っても痛みが続くことがあります。これは高齢者に多く見られる症状なのですが、一般的に帯状疱疹後神経痛と呼ばれています。

帯状疱疹のほとんどは皮膚にできた水疱が消えていくにつれ、痛みやかゆみも軽くなり消えていきます。ところが、水疱が消えてからも強い痛みだけが残る…というのが、帯状疱疹後神経痛の特徴ですね。

帯状疱疹の急性期に、水痘・帯状疱疹ウイルスが知覚神経で急激に増殖し、神経変性を起こすことが原因と言われています。高齢者の中でも、とくに帯状疱疹の症状が重かった人に多いんですよ。帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の後遺症ともいえるでしょう。

帯状疱疹後神経痛の症状

帯状疱疹後神経痛の症状帯状疱疹後神経痛の症状は、帯状疱疹の症状の延長線上にあります。帯状疱疹の特徴はピリピリ、ズキンズキンする痛みに一日中おそわれます。ひどくなると痛くて夜、眠れなくなることも少なくありません。

1〜2ヶ月経つと激痛は和らいできます。けれど、このあとに後遺症で帯状疱疹後神経痛が残ってしまうと、一日中痛みは相変わらず続きます。ジワジワと鈍い痛みが多いようですが、睡眠中や何かに没頭しているとき、入浴時には痛みを感じません。

一方で、胸やお腹の部分に症状が残っている場合、服が触れただけでも瞬間的にものすごく痛むこともあります。また、頭や首の部分で言うと、ただそよ風に吹かれただけでも痛くなります。「えっ?!そんなことで?」と思うかもしれませんが、本当なんですよ。

このほか、軽い症状なら“かゆみ”や“違和感”が中心になります。かゆみに耐え切れず、かき壊してしまう人もいますが、それでも全然治まりません。このかゆみは“しびれ”の一種なので、患部を手で少し強めに叩いてあげると、楽になりますよ。

帯状疱疹後神経痛の治療方法

帯状疱疹後神経痛に対しては「抗うつ薬」や、ときには「神経ブロック」を使うなど様々な治療が行われています。ただ、帯状疱疹後神経痛は完治が難しいため、“後遺症”というふうに言われています。これぞ効果的!というような治療法は確立していないのが現状です。

そんな中でも比較的有効とされているのが「抗うつ薬」の使用です。痛みが続くと、気分まで沈んでしまいますよね。人によっては完全な“うつ状態”に陥ってしまいます。痛みが増すと、“うつ状態”はさらに強まります。

でも、人間って不思議なもので精神的に楽になると、体の痛みも和らぐんですよ。このため、帯状疱疹後神経痛の治療には「抗うつ薬」が使われるのです。

ペインクリニックとは?

帯状疱疹後神経痛に悩む多くの人が、ペインクリニックを訪れます。ペインクリニックとは、文字通り“痛みの治療院”です。「神経ブロック」を応用して、痛みの診断と治療を中心に行うクリニックのことをいいます。ペインクリニックは日本では、まだ浸透しきれていませんが、継続的な痛みに苦しんでいる人にとっては、とても助かる治療院です。

帯状疱疹後神経痛との上手な付き合い方

帯状疱疹後神経痛との上手な付き合い方処方された痛み止めなどの薬を服用しながら、できるだけ普通の日常生活を送るように心がけましょう。痛みを理由に仕事や趣味、自分のやりたいことをあきらめていませんか?

仕事を持っている人なら一生懸命働くのはいいことですし、何か習い事をしてみたり、旅行に行ったり…。いろんなことにチャレンジしてみてください!

毎日「痛い、痛い」とばかり思っていると頭がパンクしてしまいますよ。帯状疱疹後神経痛は今すぐどうこうなる病気ではないので、気長に付き合っていく必要があります。アクティブな行動が、かえって体にもよい影響を与えます。

ページの先頭へ戻る